お知らせ
椿
円通寺吟行 №4
2022/05/17
活動レポート

      

 

       目の覚むるさつきの浄土円通寺

 

 

 

 

良寛様を顕彰する「第43全国良寛会玉島大会」が開かれて良寛和尚修行の円通寺は全国区になった。この日に備えて駐車場整備や各種案内板も設置された。「白華石」の縁起など新しく知った。挙句は一昨年の6月に詠んだものである。

四季折々の花が咲く円通寺、中でも境内に咲き誇るさつきは圧巻である。石の山門を潜り、石段を上ると弁天池のさつきにまず迎えられ、さらに石段を上ると見事な石庭前や岩を縁取るさつき、続いて本堂へと誘う参道のさつき。

参拝を終えて良寛と童の石像のある白華山頂まで観世音菩薩の石像を拝しながら行く。道の両側に咲くさつきの朱に目を奪われる。

まさにさつきに導かれてのお参りになった。初夏の円通寺はさつきの朱に彩ら、一年中で最も明るくなる。やがて梅雨になると花の色は衰え、華やかなさつきの天国は終わる。眼裏に鮮やかな映像を残して。

                               安福利平